品質へのこだわり

国際規格ISO9001・ISO22000を業界に先駆けて取得しました。

※掲載の画像は、ISO9001およびISO22000登録証(付属書)の複写です。
※当社の許可なく、無断使用、無断転写、無断転載等の行為を禁止いたします。

■ISO9001(品質マネジメントシステム)
取得年月日 : 2001年5月11日
登録審査機関名 : (財)日本品質保証機構(JQA)
登録番号 : JQA-QM6540
登録活動範囲 :
本社 :もやし類の設計・開発、生産、包装および配送
カット野菜製品の設計・開発、加工、包装および配送
都賀インター工場:もやし類の生産、包装および配送
カット野菜製品の加工、包装および配送
栃木工場 :カット野菜製品の加工、包装および配送

■ISO22000(食品安全マネジメントシステム)
取得年月日 : 2010年9月3日
登録審査機関名 : (財)日本品質保証機構(JQA)
登録番号 : JQA-FS0061
登録活動範囲 :
本社 :緑豆もやしの設計・開発、生産、包装および配送
カット野菜製品の設計・開発、加工、包装および配送
都賀インター工場:緑豆もやしの生産、包装および配送
カット野菜製品の加工、包装および配送
栃木工場 :カット野菜製品の加工、包装および配送

原料・水・細菌について

  • 薬品を使わない独自の殺菌技術。

    食中毒菌などの滅菌は、通常は原料の豆の消毒に次亜塩素酸水溶液が使われているのですが、我が社では、早くからおいしさの追求により開発された独自の熱湯処理殺菌の技術を保有し、発芽力を落とさずに滅菌を行っております。
    その後の製造過程でも薬品は使われておりません。

  • ミネラルたっぷり、日光連山の伏流水。

    原料の他に味を左右するのは、成分の90%以上を占める水分です。
    工場のある都賀町周辺は、昔から日光連山からのミネラルたっぷりの湧き水が豊富で、酒蔵・みそ・しょうゆ・酢・ウイスキー工場等、食品工業が発達し、もやしの栽培にもこの伏流水が使われています。

  • 直営オーガニック農場での無農薬栽培から独自基準の調達へ。

    以前の種子は主にタイから調達していましたが、1989年から中国の緑豆の直輸入を開始しました。
    もやしの緑豆種子の主力の産地吉林省。なかでも吉林省白城地区の種子はたんぱく質含有量が多く味の良いもやしになること、害虫の発生が少ないため無農薬栽培に適していることから、1998年に直営オーガニック試験農場を開設。上原園で1年間に生産する緑豆もやしの種子の全量を自社農場と契約農家および白城地区から調達し、1999年にJONA(日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会)による工場有機認定を取得しました。
    現在は、有機認定の対象外となり、緑豆を自社独自に買付、自社基準での選別を行っています。

  • とことん、安心・安全。

    品質管理のきちんとしている上原園の製品を安心してご利用ください。

  • もやしの豆知識

    “もやし”の基礎知識から、おいしいレシピや世界の“もやし”などをご紹介。