緑豆の基礎知識

緑豆の漢方の基礎知識 ~緑豆とは?~

緑豆は熱を取る「陰」商品の代表。
中国では薬としても使われるほど解熱効果が高く、ダイエットにもよく利用されている。
清熱解毒、利尿作用。
体に暑気があり、目や口が乾く時には特に良い。
熱性の風邪、神経のイライラなどにも効果がある。

-緑豆漢方-本草網目より漢方・翻訳文

緑豆は中国の人にはよく知られたなじみの漢方食物であると聞いていたので、正確に知りたいと原本を捜して翻訳しました。
翻訳者:ロータリークラブ奨学金留学生
宇都宮大学 大学院 教育学部卒 中国黒竜江省出身
父親は漢方の専門家とのことで翻訳を依頼。

※下記をクリックするとテキスト文でご覧になれます。

-緑豆漢方-本草網目より漢方・翻訳文

緑豆の薬効をかの有名な「中医大辞典」から発見した。
翻訳は中国古文で難解な専門用語もあり、困難な作業だった。
中医大辞典は4人に頼み、それぞれの漢方医や日本語訳の協力者のもとで訳した。
※下記をクリックするとテキスト文でご覧になれます。

緑豆もやしの商品化開発時の企画、コンセプト

昭和から平成へ、中国産緑豆へともやし原料の大転換期。

~昭和61年10月13日~
従来、日本に於いてはブラックマッペを原料としたもやしが圧倒的に多かった。
戦前からはビルマ産ブラックマッペが使われてきた、その後、より太いもやしに育つタイ産ブラックマッペがここ30年間主流を占めてきた。
しかし最近、全国において中国産緑豆をもやし原料に切り替える業者が現れてきた背景を考えてみた。

  1. 1.タイ産ブラックマッペの連作障害等による品質低下によって中国緑豆が使われるようになった。
  2. 2.太さ、長さ等の見た目の良さでタイ原料より緑豆が選ばれるようになった。
  3. 3.流通段階で他店との差別化商品が求められてきた。
  4. 4.流通の温度管理が進んで日持ちの点で難点のあった緑豆が使えるようになった。
  5. 5.もやしと肉の消費量が多い沖縄では以前から緑豆が使われてきた。

世界最高のもやしを求めて、タイから台湾・中国、アメリカ、オースラリアへ。

原料産地を見るとき地球サイズで物を考え、政治面、経済面、環境面で安定し品質の最ももやしに適した原料を開発するべきである。ここ数年間タイ国南部、中部地区から北部地区。台湾、中国北京市、河北省の張家口。大連市、吉林省の長春、白城、トウ南、通楡。内蒙古自治区。
アメリカはカルフォリニア、サリナス地方。オレゴン。テキサス州ダラスやサンアントニオ。オーストラリア等と、各国のもやし用、かいわれ大根用、アルファルファ等の種子を求めて田舎の畑まで入り込んで農家の人々や集荷業者と多くの人々から種子についての知識を得ることができ、訪ねた各国の華橋系のもやし業者と接触し世界的にみたもやし事業の展望等知ることができた。
こうした中から、もやし原料は中国吉林省の白城、トウ南地区の緑豆がここ数年ベストであり、ここの種子を使ってより高品質のもやしを栽培する。
工場内は緑豆の性質に合わせて栽培環境の改造、洗浄殻取りラインの新設計機の導入等、他の業者のように現状のブラックマッペのラインのままで品質を落としているのではなくよりグレードを高めた製品を出すこととする。

タンパク質と糖度の高く美味しい最高品質のもやし。

日本酒の吟醸酒のように清潔で良質なミネラル水と、世界中の種子の中から、もやしに最も適したものを比重選別機で更に依り選んで精選し、上原園の35年の発芽の技術ともやしに対する深い愛情と最新の設備を投入した工場で美味しい栄養の高い、そして安全な、手作りのように丹精込めて作ったもやしを目指す。
現在、緑豆を利用している業者は、中国西南の山西、陜西省周辺で取れる方豆と中国人がよぶ種子を使用する例が多い、これは栽培のしやすさ、温度に対しての強さを持っている反面、味の点で劣る。
吉林省トウ南、白城周辺の種子は明豆と産地では呼んでいた種子で蛋白質含有量が方豆より高いため太いもやしになり糖度数も高くなるため味が良いもやしになる。

■方緑豆…中国西南の地方(山西、陜西省)
 豆の皮の色はダークグリーンで角ばっている。
■明緑豆…中国東北地方(吉林省,黒竜江省等)
 豆の皮の色は明るい緑色。丸まっている。

  • もやしの豆知識

    “もやし”の基礎知識から、おいしいレシピや世界の“もやし”などをご紹介。