もやしの種類
緑豆もやし
ブラックマッペ
大豆もやし
【特徴】
【特徴】
【特徴】
軸が太くて水分が多く、甘味があり、しゃっきりしたみずみずしさが特徴です。 緑豆もやしよりも細く、食べた時にもやし独特の青臭さが少ない。 独特の歯ごたえがあり、生では臭みが強いので加熱調理向きです。
【適した調理】
【適した調理】
【適した調理】
炒めもの、和え物、サラダ、ラーメン、鍋物とにかく何にでもあいます
火が通りやすいのですばやく調理
広島焼きやラーメンの具、味噌汁、鍋物、 ステーキ鉄板焼き

ビビンバやナムル、鍋やスープのだしによく使われます。

 
■緑豆のおもな産地■
●当社の選んだ産地は「吉林省白城地区」●


緑豆は、世界に広く分布しているが、中国が品質が良く主力である。
●上原園農場●
■国産大豆のおもな銘柄と産地■


私たちが通常大豆と呼んでいるのは黄大豆という種類。
ほかに、おせち料理でおなじみの黒大豆(黒豆)、きな粉や煮豆に用いる青大豆などもみんな大豆の仲間です。また大粒で甘みのあるとよまさり、タチナガハ、しっかりした食感の豆腐ができるエンレイ、味自慢尾のタマホマレ、たんぱく質と糖分のバランスが抜群のフクユタカなど、さまざまな特徴をもつ銘柄の大豆が、日本各地で作られています。

 

>>> もやしの基礎知識に戻る <<<